家庭菜園をするために必要な道具は?

家庭菜園をするために必要な道具は?

家庭菜園をするためには構えて道具を揃える必要はないのですが、せっかく始めるのなら楽しく用意したいものです。
まず土を掘り返すためのスコップですが、園芸店で売っている小さなスコップで十分です。
次に水やり用のじょうろです。
これはいろいろな種類があり、好みもあるので様々ですが、小さな穴がたくさんあいていて優しいみずやりができるものが最初はいいでしょう。
ブリキ、プラスティックなど素材もいろいろですが、お好きなものでかまいません。
じか植えでない場合は植木鉢がいりますが、できれば素焼きの空気や水を通しやすいものが植物も元気に育ちます。
バケツもあれば便利です。
今は折りたためるものなどいろいろあります。
土いじりをするので軍手も必要です。
苗が育って支柱が必要な植物もあるので、百均などで十分ですので、長さの違う支柱を数本用意します。
それを結ぶための紐もいります。
これもいろいろな素材がありますが、最初は細い麻ひもが便利かと思います。
家庭菜園をするうちにまだまだ必要なものもでてきますが、最初はこれぐらいでいいでしょう。

家庭菜園を市民農園で実施することで楽しむことができる

家庭菜園をしたくても、畑を持っていなかったり場所が小さくてなかなか実現できないケースがあります。
特に賃貸物件であればベランダでの家庭菜園にとどまり、プランター規模の小さいものとなってしまうのです。
これを解決するのが市民農園の利用で、土地を貸してもらえるのでそこを使って田畑を耕し、植物を栽培することができます。
大きさはいろいろあり、地主から借りる事になりますが、とてもリーズナブルな価格帯となっているのです。
市民農園の利用は、個人の地主が役所に登録をすることで、役所のサービスになっているため、情報収集をすることで自分に合った最適な農園を見つけることができます。
農園にもいろいろなサービスがあり、農機具を貸し出してくれるサービスや、水に困らない井戸が備え付けられている場合があるのです。
なるべく手間のかからないような装備が整っている農園を選ぶことが重要ですし、自宅からのアクセスもポイントとなります。

家庭菜園に関する情報サイト
家庭菜園の基本

当サイトでは、知っておきたい家計に役立つ家庭菜園の基本的な情報をまとめてご紹介しています。
野菜や果物などを栽培して、食費の負担を減らしたいと考えているのならぜひ参考にしてみてください。
家庭の菜園で栽培ができる作物の種類にはどのようなものがあるのかも解説しています。
比較的小さなスペースでも無理なく育てられる作物を選びましょう。
家庭で菜園をするために必要な道具もご紹介しています。
道具を揃えると快適に作業ができます。

Search